Japanese
検索…
⌃K

ギグマーケットプレイス

Title

ギグマーケットプレイス

Patlet

イントラネットのウェブサイトを作成し、特定のインナーソースプロジェクトのニーズを、時間とスキルの要件を明示した「ギグ」としてリストアップすることで、マーケットプレイスを確立する。 これにより、管理者がインナーソースのコントリビューションを行うための承認を与え可能性が増え、従業員の時間のコミットメントと専門的な利点をよりよく理解することができます。

問題

マネージャーも従業員も、インナーソースプロジェクトに参加することでどのように利益が得られるかを理解していません。
従業員がインナーソースプロジェクトに対してどのような時間を費やす必要があるかを経営陣に伝えることは困難です。
マネージャーには、インナーソースプロジェクトへの従業員の関与を追跡したり報酬を与えたりするための統一された方法がありません。

ケーススタディ

あなたは、会社でインナーソースプログラムを成功させ、上級管理職、中間管理職、開発者から賛同を得ています。 しかし、約1年後、最初にそれらを作成したチーム以外の任意のインナーソースプロジェクトに行われた実際のコントリビューションはほとんどありませんでした。 関係者にヒアリングしたところ、インナーソースプロジェクトに参加する場合、開発者がどの程度の時間を割く必要があるのか、また、個人的にどのようなメリットがあるのかが分かりにくいことが主な原因であるようです。また、貢献者のためのどのような機会が存在し、彼らは何をするように求められてもおおよその時間を示すための統一された方法がありません。管理職は協力的で、従業員が参加することを望んでいますが、これまでのところ、インナーソースプロジェクト内の従業員の活動のための会計処理や報酬の方法が欠けています。 すべての関係者(インナーソースプロジェクトの所有者、潜在的な貢献者と開発マネージャー)のためにこの状況を改善するには何ができるのでしょうか?

状況

社員は、現在のポジションを離れることなく、会社の他の領域で行われている活動に触れることができればと願っています。しかし、インナーソースのプロジェクトには、社員の参加を阻む2つの要因があります。まず、現在進行中のインナーソースプロジェクトにどのような貢献の機会があるのかを容易に発見し、上司に伝えることができないこと。 つぎに、マネージャーがこれらのインナーソースプロジェクトタスクに対する従業員の時間的コミットメントを計画および説明できないことです。その結果、インナーソースプロジェクトのオーナーは、彼らの目標を達成するために十分な規模のコミュニティを構築することができません。

組織に働く力学

  • 社員にはインナーソースのチャンスを見つける簡単な方法が用意されていません。
  • 社員は、貢献が専門的にどのように役立つかを理解していません
  • マネージャーは、インナーソースプロジェクトに関連するタスクにかかる時間/労力の要件を理解していません

前提条件

  • 従業員は、マネージャーからインナーソースプロジェクトに参加する時間を提供されています。
  • マネージャーは、インナーソースのコントリビューションを定量化、追跡、記録して、説明と報酬を得る方法を必要としています。

ソリューション

個人が自分のスキルや興味のある分野を示すことができ、インナーソースプロジェクトのオーナーがコラボレーションのための機会を宣伝することができます "ギグ" ベースのイントラネットサイトを作成します。
従業員は、アプリケーション内に自分のスキルと関心のある分野をリストできるプロファイルを作成できる必要があります。システムは、これらの基準の1つ以上に一致するギグが投稿されたときに、(電子メールまたはその他の手段を介して)個人に積極的に通知することにより、この情報を活用することができる必要があります。
インナーソースのプロジェクト・オーナーが投稿する各ギグには、スキルや時間の要件が含まれており、稼働可能な従業員と簡単にマッチングでき、直属の上司に明確に伝えられるようになっていなければなりません。説明は、可能な限り魅力的なようにするために、タスクを引き受ける人にどのように役立つかについての理論的根拠を含める必要があります。
従業員のギグへの関与を評価し、追跡するために、ポイントベースのシステムを作成することができます。 例えば、完成したギグを投稿するとギグのオーナーに10ポイント、ギグを完成させた開発者には100ポイントを付与するなどの仕組みを適用します。ギグを完了することで得られるポイントは、ゲーミフィケーションの仕組みとして、また、組織内に存在する専門分野を把握するためのパフォーマンス管理の基準として利用することができます。
ギグを受けたい人は、まずギグの所有者が、その従業員がギグを完了するために必要なスキルと割り当てられた時間を有しているかどうかを判断する必要があります。
ギグを通じたコントリビューションの透明性は、コントリビューターの評判を高め(あるいは下げ)、コントリビューションの質が高くなる可能性を高めるのに役立ちます。 また、ギグを完成させることで、その分野の専門性を証明することができます。
マーケットプレイスに投稿されるギグの内容は、グループイベントの運営、レポートの作成、メンターへの依頼など、ハードスキル、ソフトスキルの両方を含むことができます。
ギグマーケットプレイスの構築は、全社的なインフラと機能を提供する責任を持つ組織内のチームによって行われることが理想的です。

結果の状況

インナーソースギグマーケットプレイスは、インナーソースのプロジェクトの数だけでなく、それに関わる社員の数も大幅に増加させます。 ギグマーケットプレイスの自主的な性質は、社員が実行する作業のレベルを選択し、会社全体でパートナーとなることができるようにすることで、社員の仕事の満足度を高めています。 社員は、自分が何にサインアップしているか、そしてその経験から何を期待できるかを正確に理解することができます。 マネージャーは、インナーソースプロジェクトに関する従業員の時間的コミットメントをより適切に推定および追跡し、個々の取り組みを認識し、特定のスキルセットを検証する方法としてギグの成果を使用することができます。 またマネージャーは、社員がギグマーケットプレイスで利用可能な仕事にピボットできるようにすることで、従業員が経験しているかもしれない既存のダウンタイムを活用することができます。 ギグマーケットプレイスでのやり取りによって生成されたデータは、すべての部署で雇用とトレーニングの決定を促進するのにも役立っています。
インナーソースポータルのパターンと組み合わせて使用すると、ギグマーケットプレイスは、ギグが関連するプロジェクトのコードリポジトリとドキュメントへのリンクに加えて、より細かいレベルのコンテキストと詳細を提供することができます。

事例

  • 大手金融サービスの組織は、インナーソースプログラムを育成するためにインナーソースギグマーケットプレイスのウェブサイトの作成をしました。
  • SAP はギグマーケットプレイスパターンを実装しました - 新しいインナーソースプログラムは、ポジションと同様の提供を掲載することができ、内部のジョブプラットフォームに追加されています。
  • ギグマーケットプレイスパターンは、関連するインナーソースポータルパターンと非常によく機能することが証明されています。 インナーソースポータルは、現在進行中の特定のプロジェクトの認知度を高め、ギグマーケットプレイスは、それらのプロジェクト内で作業可能な特定のタイプのタスクを広告します。

ステータス

  • Structured

# 著者

  • Stephen McCall
  • Shreyans Dugar

翻訳の履歴